オゾンの人体への影響について心配です。
国内の基準として、0.1ppm(8時間労働環境)までなら「安全」、それ以上ですと長時間吸引すると危険とされています。空気中でオゾンは拡散するので、空間全体としてはすぐに危険な濃度に達することはありません。
オゾンの基準は0.1ppmと微量なため、換気により外部から空気を取り込むことで、容易に空間のオゾン濃度は低下しますが、オゾン放出口を直接あてがうような行為は行ってはいけません。オゾンを吸引しないようにして、充分換気をすれば危険はございません。
当社では、有人環境での施工は行っておりません。
オゾン消臭の良い点は何ですか?

オゾン消臭のメリットは、
・消臭剤を購入し続ける必要がなく、ニオイをマスキングすることがないこと。
・消臭剤や芳香剤と異なり、ニオイの根本原因を酸化させ、分解させること
・除菌も同時に行えること
・薬品などの残留等がなく、酸素に戻るため、オゾン消臭後は快適になること
・気体であるため、手の届きにくいところまで行き届くこと
などがあげられます。

逆にデメリットは、長時間オゾンを吸っていると、喉が痛くなったり、頭痛がするなど、人体に悪影響を及ぼす可能性があることです。しかしこれは、実際には密閉空間に長時間オゾンを放出させるなどの極端な状況でしか起こりえないことです。オゾン消臭中も 消臭対象室内に残って作業を行わないようにしてください。使い方を守って安全に使えば問題はありません。

オゾンによる消臭は一時的なものですか?
一時的なものではなく、完全な脱臭です。
ニオイの原因物質そのものに、オゾンをぶつけることにより、分解させます。
ただし、脱臭完了した場所に、再びニオイをつければ、また臭いが出ることになります。
 消臭した後、換気をしてもオゾンのニオイが気になりますが、有害ではないのでしょうか?
オゾン自体は換気を行うことで残留はなくなり、オゾンの濃度もほぼゼロになります。
基本的にオゾン自体が残留することはありませんが、オゾンが反応して分解臭が残ることはあります。害はありませんがしばらくは換気を続けてください。
生ゴミ・アンモニア臭・腐乱臭などの酷いニオイは消臭できますか?
生ゴミ、アンモニア臭、腐乱臭等の強く酷いニオイの場合でも、オゾンは効果的です。
強いニオイであったとしても、数十分間(30~40分間が一般的) オゾンを放出させれば、十分な効果を期待できます。
一部の化学物質の中には、分解が難しい物質があります。
香水や化学薬品等はオゾンと反応せず、臭気が残ることがあります。

お気軽にお問合せください。04-7150-2869TEL受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ] WEBからは24時間365日受付中

お問合せ お気軽にご相談ください。